himeko姉です。 我が家のワガママニャンズ+預かりニャンズの日々を ご紹介します☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「“処分してもいい”ペット使い捨て飼い主」
2008年10月24日 (金) | 編集 |
昨日、何気なくネットを見ていました。

そしたら、いくつかのブログに、

ニュースZEROで殺処分についての特集をすると書いてありました。

残念ながら、リアルタイムでは見ることが出来なかったのですが、

YouTubeにアップされていましたので、よろしければご覧下さい。


http://jp.youtube.com/watch?v=37OhmXuKQ38

http://jp.youtube.com/watch?v=iN-61Zv6Y1A


番組の最後では、新しく家族を迎えたい方は、

環境省のホームページから、動物愛護をクリックし地方自治体連絡先へ・・・

と言っていますが、残念ながら三重では保護動物の譲渡をしていません。

猫はモチロンのこと、犬でも成犬は譲渡対象にならないそうです。

電話をしても、譲渡はしていません。と事務的に言われるだけ・・・

どうして、こんなにも県によってばらつきがあるのか・・・

環境省からは殺処分を減らすようにと通達が出ているはずですが、

三重県の行政は通達を無視し続けています。

というのも、通達を守っていれば、少なくとも譲渡対象を子犬のみから、

すべての保護動物にするはずだからです・・・

一般的に、保健所とかセンターとか呼ばれている施設は、

今、動物愛護センターと名前を変えています。

ただ、殺処分を繰り返すだけの施設がどうして動物愛護なのか、私にはわかりません。

一日でも早く、アメリカやヨーロッパのような、

動物愛護のシステムが出来ることを願ってやみません・・・


その前に、行政がやるべきことはたくさんあると思いますが・・・






コメント
この記事へのコメント
見ました。
リアルタイムでニュースを見ました。
ちょうど寝る前でしたが、眠気がとびました。

紙袋に犬を入れてきた夫婦・・・。
処分を待つ部屋と、貰い手を捜して貰える部屋と
廊下隔てての運命の違い。

あの処分を待つ犬の目がやきついて
しばらく眠れませんでした。
すぐに環境省のHPも見ましたが
なかなか繋がりませんでした。

三重県でも、早急に対処して貰えるように
微力ながら働きかけていきたいと思います。
2008/10/25(土) 17:52:54 | URL | ママ母にゃんこ #-[ 編集]
>ママ母にゃんこさん
こうやって放送をしていただけるということで、
飼い主のモラルも上がってくれるといいんですが・・・
三重でも、地道に行政への働きかけを行っている方がいらっしゃいます。
でも、なかなか届きにくいですね・・・
私は、県議会議員や市議会議員に動物好きの方がどれだけいるかが、
一つのカギになっている気がします。
議員が問題提起しないと、議題に挙がりませんので・・・
もう少し声の出せない動物たちの代わりに発言してくださる方がいてくれればいいんですけどね。
2008/10/25(土) 22:29:15 | URL | himeko姉 #5XrOZ5hQ[ 編集]
見られなかった・・・
番組情報をいただいたのでTVをつけてはみたのだけれども、
見ていられなかったです。
ほんの数分も耐えられず消してしまいました。
見るべきだ、とは思ったのだけれども・・・
あのほんの数分の内容でも、思い出すとまだ動揺して震える自分がいます。
こんなに脆弱な自分が、どこまで現実の悲しさに向き合えるかわかりませんが、
自分にできることを少しずつでもして行こう、と改めて思っています。
2008/10/26(日) 04:52:16 | URL | とも #RRGMnmJw[ 編集]
>ともさん
この自治体はまだいい方です。
三重県に比べれば・・・でも、見たくないですよね。
みなさん、同じ気持ちだと思います。
誰が言ってたかは忘れましたが、
『その国のことが知りたかったら、
その国の動物がどういう扱いを受けているかを見れば全てわかる。』
と言ってました。
日本はどんな風に見られているんでしょうね・・・
どんどん後回しにしていると、
その分ツケが回ってくる事を何時になればわかるんでしょうか・・・

でも、少しずつでも自分が出来る事を頑張っていれば、
いつか殺処分がなくなるんではないかと思ってます。
2008/10/27(月) 13:38:10 | URL | himeko姉 #5XrOZ5hQ[ 編集]
動画を見ていて本当に心が痛みました。
家族の一員をセンターに連れ込む飼い主は、一緒に過ごした時間の中で
何も感じなかったのでしょうか?
言いたい事が多すぎて、頭の中がぐちゃぐちゃになりました。

行政側の姿勢って、地区によってバラつきがあると私も思います。
ウチの地区は犬と猫が扱いが違うようで、犬は収容場所があっても猫はないようです。
猫は、獣医さんを紹介されて処置という流れのようです。
処分数を減らす、なんて微塵も考えていないですよね。

命に対するモラルの向上、これを願ってやみません。
いつか”処分”なんて言葉がなくなりますように・・・。
2008/10/28(火) 08:38:58 | URL | あや #-[ 編集]
>あやさん
本当に、自分と一緒にくらしたワンコを持ち込んだ夫婦には、
言いたい事がたくさんありすぎますね・・・
あの人たちにはあの人なりの言い分(?)みたいなものがあるんでしょうが・・・
わかりたくもないですね・・・

本当に処分数半減という目標(通達)なんて、
地方自治体が無視出来る目標(通達)なんだったら、
目標を掲げても、通達を出しても意味がないですよね。

でも、日常的に高い料亭で食事をしたり、
高級ホテルのバーでお酒を飲んだりしている人たちには、
わからないのかもしれません・・・
自分達の利益になることしかしませんから・・・
2008/10/28(火) 10:08:55 | URL | himeko姉 #5XrOZ5hQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。